浦和歯科の歯周病治療 Periodontal disease

徹底したカウンセリングの歯周病治療

浦和歯科では、歯周病の治療はただ施術を行うだけではありません。
患者様にとって、なぜ歯周病になっているのか、歯周病がどれくらいまで進行しているかなどを理解してもらいます。
歯周病という言葉は一般的ですが、自分がかかっているという意識が思っている以上に少ないのも事実です。

成人の8割以上が疾患し、しかもかかっていることを理解していないため、自分で治るようにする行動もほとんどしません。
知らず知らずのうちに歯周病は進行し、明らかな症状が出たときには、思っている以上に悪くなっています。
初期症状がとにかく分かりにくいため、歯周病を軽く見てしまうことも一つの原因でしょう。

歯周病患者様のヒヤリングを重視

浦和歯科では、歯周病の方には普段の患者様の生活習慣を最初にヒヤリングいたします。
歯周病に対する患者様ご自身の知識、そして普段の暮らしの中から歯周病が進行した理由をお聞きします。
患者様にとっては当たり前のことでも、歯周病の治療を行う上ではやってはいけないこともあります。

歯周病とはどういう病気なのかまず理解をしていただくことからスタートします。
治療というと、風邪のように治ることをイメージしますが歯周病は完全に元通りになることはありません。
歯周病菌は、長い時間をかけて歯周組織を溶かすため、溶けた歯肉は元に戻すことは不可能です。

初期症状であれば、歯肉の炎症も収まりますがある程度進行した状態では、いかに今を維持するかがポイントです。

特に、長い時間放置してから訪れる患者様は、歯を支えている骨まで症状が進み骨が溶かされています。
歯がグラグラとぐらつき、膿が出るような状態ですとかなり治療は複雑で長期間となります。

まずはご自身の歯周病がどれだけ進んでいて、どれくらいまで回復するのか治療内容はどうなるかを知りましょう。

歯周病患者様のヒヤリングを重視

歯周病はご自身のケアが重要

歯医者に通えば歯周病がよくなるとは限りません。
もちろん、浦和歯科では出来る限りの治療をします。しかし、歯周病の最大の原因はお口の中の汚れです。
日々の暮らしで、どこまでお口の中を綺麗にできるか、歯磨きを正しくできるかが症状改善のポイントです。

歯周病がひどい人は、普段から歯磨きをあまりしていない、正しくできていないなどの傾向が見られます。
正しい歯磨きと、歯磨きの習慣付け、そしてお口の中がどうなっていけばいいかしっかりご説明いたします。
専門用語を使うのではなく、誰にでもわかりやすく、そして納得いただけるまで丁寧にお話しします。

歯周病はご自身のケアが重要

歯周病の主な治療方法

治療方法1
基本治療
歯周病の程度に関係なく行う治療です。
お口の中にいる歯周病菌の活動を抑えるため、歯石・プラークを出来るだけ除去します。
お口を清潔に保ち続けることで、菌の活動は収まるため歯肉が健康な状態へ戻っていきます。
基本治療が終了する目安は、歯周ポケットが2㎜程度に減少することです。
治療が終了しても、定期的にチェックしお口の中が綺麗に保たれているか判断します。
治療方法2
外科治療
歯周病がある程度進行している患者様は、歯周組織が溶けて歯周ポケットが自力では減少しないほどに広がっていることもあります。
広がって深くなった歯周ポケットを減らすために、ポケット奥にある歯石などを取り除いて清潔にしてからポケットを手術で減らします。
歯を支える骨も出来るだけ元のような形に直し新たにプラークが溜まらないようにします。
外科治療なので、手術の傷口がふさがりましたら、基本治療を継続して行い菌の活動を抑えます。
治療方法3
内科治療
歯周病の原因である菌が活動しないように、飲み薬やマウスピースを用います。
菌が増えないようなお口の中にすることで、歯周病の進行を抑えます。
何かしらの理由で歯医者に通院できない方、治療をより効果的に進めたい方にお勧めです。

ご予約・ご相談は

Tel.048-856-6661

  • 受付:火・水 9:00~17:00
  • 月・金・土 9:00~18:00

webでのお問い合わせ